Fontainebleau 2013(その1)

記録を残していなかった2013年のフォンテーヌブロー遠征。薄れつつある記憶を手繰り寄せながら紹介したいと思います。

過去3回の家族クライミング旅行は最短でも4週間でした。私は自営ですのでお店を人に託す勇気さえあれば、いくらでも長期遠征が可能です。が、妻は勤め人ですので通常でしたら4週間なんて休暇はまず無理です。でも、10週間、6週間、4週間、と、3度のフランス遠征を実現させました。

なぁ~んでか♪   なぁ~んでか♪♪   それは・・・育児休暇だったから~~♪

そうです。育児休暇という強い味方があったのです。女性クライマーの皆さん。仕事が休めないと嘆くなかれ、子供を産めば堂々と仕事を休んでクライミングツアーに出かけることが出来るのです!じゃんじゃん産みなはれ!!へてから、ようさん休みなはれ!!

あ、でも、2013年のフランス遠征では、往復の航空券買ってから妊娠発覚で参加断念された方がいらっしゃいましたね。だんなさんはもちろんそのまま参加でしたけどね。

あ、そうそう期間のお話でした。2013フォンテーヌブローツアーは一週間です。正確には8月9日の午後便で中部国際空港を発ち、翌10日早朝にパリ着、16日までフルに登って17日昼にパリを出て、18日に帰国でした。

妻は「小さい子供連れてヨーロッパまで飛んで一週間で帰ってくるなんて、しんどいしお金ももったいない」と、もっともな理由で不参加表明。(が、この後、私の母親に誘われてほぼ同じ時期に、子供たちとスペインはバルセロナに一週間観光に出かける正直な妻であった。)

手前の紳士は現地在住日本人クライマー。お薦めはタルタルステーキ、もちろん課題ではなくて食べ物です。ローカルと仲良くなったらすかさず情報収集しましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。